クルーザーの年間維持費はどのくらいかかるのか?具体的な項目も確認!

クルーズ風景

「クルーザーを購入したら、1年間でどれくらいの維持費がかかるのだろうか?」

クルーザーに興味を持って、これから購入を考えている方は上記のような疑問を抱いている場合が多いのではないでしょうか。クルーザーにかかる費用は船本体の購入分だけではありません。保管費や燃料費など、さまざまな維持費が発生します。

そこで今回は、クルーザーの1年間の維持費の相場や、その種類をわかりやすく説明していきます。この記事を読めば、維持費が把握できるのでクルーザー購入後も安心してボートライフを楽しめるでしょう。

クルーザーの年間維持費の相場

クルーザーの年間維持費は、船体の種類や使用頻度によっても変動しますが、小型のクルーザーでおおよそ数十万円ほどが相場です。

たとえば、25フィート前後のクルーザーを、フィッシングなどで近場への移動に月1回程度使用したと仮定して、燃料費、オイル交換代、保管費、保険料、定期点検費などを合わせると年間で70〜80万円ほどの維持費が発生します。

この年間維持費であれば、ワンボックスタイプの高級国産車と同じぐらいの料金になります。クルーザーの年間維持費は特別高額になるイメージを持っている方も多いかもしれませんが、実際は、船体の種類によっては車と大差のない維持費で済む場合もあります。

クルーザーの維持費にはさまざまな種類がある

クルーザーの年間維持費はさまざまな種類があります。その主な内訳は以下のとおりです。

・保管費
・燃料費
・保険料
・メンテナンス費

それぞれの項目ごとにどれくらいの維持費が発生するのか詳しく見ていきましょう。

保管費

クルーザーの保管風景

保管費は、文字通りクルーザーを保管するときに発生する費用で、別名、係留費とも言います。クルーザーは場所を取るため、マリーナと呼ばれる専用の停泊所に保管する必要があります。つまり、マリーナの使用料金が保管費ということです。

クルーザーの年間維持費の高い割合をこの保管費が占めています。保管費はクルーザーの種類や船体の大きさによって異なってきます。年間ベースで考えると、小さめのクルーザーでもマリーナを使用すれば最低約20万円の保管費がかかってくるでしょう。そして、一般的にクルーザーの大きさが増すほど保管費も高くなる傾向があります。

また、クルーザーを保管するマリーナの場所によっても保管費は大きく異なってきます。たとえば、25フィート前後(7m〜8mの区分)のクルーザーを係留する場合に、横浜ベイサイドマリーナでは年間46万円ほどになりますが、東京近郊のマリーナでは年間60〜75万円ほどの保管費が発生します(料金は全て執筆時点)。そのため、保管費を節約したい場合は、東京以外で行きやすいマリーナを使用するのも1つの手です。

(参考)横浜ベイサイドマリーナ バース案内・ご利用料金

そして、保管費はマリーナでのクルーザーの保管方法によっても異なってきます。陸上の船台で保管する方法と、海上の港で保管する方法で保管費は変わってくることも知識として頭に入れておきましょう。小さめのクルーザーの場合、保管費をゼロにするために自宅で保管するという手もありますが、使用するときに港まで運搬するのに労力がかかってしまいます。また、小さいクルーザーでもかなりの保管面積が必要なため、コストがかかってもマリーナで保管することをおすすめします。

燃料費

エンジン

クルーザーは燃料で動くので、車と同じように燃料費がかかります。ただし、クルーザーは車ほど燃費は良くありません。

20フィート(6メートルほど)レベルのクルーザーでは、1日使用するにあたって約2〜3万円ほどの燃料費がかかり、40フィート(12メートル)レベルのクルーザーになると、燃料費は1日あたり約6〜10万円ほどになります。このようにクルーザーの大きさによって燃料費は変動します。

また、クルーザーを使用する頻度が少ない場合でも、メンテナンスの観点から定期的にエンジンをかけて燃料を消費する必要がありますので、燃料費は乗らなくてもかかる点を頭に入れておきましょう。

保険料

保険の提案風景

クルーザーには、車の自賠責保険のように強制保険が存在しません。そのため、海上での事故などの万が一のトラブルに備えて任意保険に加入することが必要になるでしょう。

任意保険の料金は、クルーザーの大きさによって異なってきます。船体が大きいほど保険料も高くなる傾向があります。例えば、小型クルーザーであれば相場として年間で10万円ほどを考えていれば良いでしょう。

任意保険の種類は、船体保険・対人対物賠償責任保険・搭乗者障害保険・探索救助保険など多岐に渡ります。台風や地震、津波などの災害をはじめ、船体同士の衝突事故にも備えるために、任意保険には必ず加入しましょう。

メンテナンス費

クルーザーのメンテナンス風景

クルーザーはマリーナで保管するのが一般的なため、その船体は常時、海水や潮風に当たっています。そのため、定期的にメンテナンスを行わなければ、あっという間に船体が痛んでしまいます。

クルーザーは定期的にメンテナンスを行う必要がありますが、クルーザーのメンテナンスは専門的なスキルと知識が必要なため、専門業者に依頼したほうがスムーズに行えるでしょう。専門業者に依頼した場合、1回あたりのメンテナンス費の相場は10〜15万円ほどになります。メンテナンス費の内訳は、主に以下の項目です。

・定期検査および中間検査
・船体洗浄
・船内清掃
・オイルなどの消耗品の交換 など

上記の項目のうち、定期検査と中間検査は法律で決められた期間ごとに受ける必要があります。船体洗浄では外装を洗浄したり、バフ掛けと呼ばれる金属の酸化を取り除く作業をしたりします。熟練したスタッフが作業をしても、38フィートのクルーザーで約10〜12時間もかかるほど大変な作業となります。船内清掃では水回りの洗浄や掃除機がけ、ベットメイキングなどの作業を行います。

クルーザーのメンテナンスはご自身で行うことも可能ですが、膨大な手間と時間がかかるため、多少コストがかかっても専門業者に依頼することをおすすめします。また、定期的なメンテナンスは安全にボートライフを楽しむためにはもちろんですが、将来的にクルーザーの売却を検討している場合にも重要な工程になります。クルーザーの資産的価値を落とさないためにもメンテナンスは必ず行いましょう。

レグルスマリンの管理プランは3つから選択可能です

維持費_管理プラン

「基本プラン」・「セレクトプラン」・「フルサポートプラン」の3つのプランから、オーナー様のご希望に沿ったプランをご提案いたします。卓越した技術のスタッフによるきめ細やかな点検・修理・メンテナンスから船体保守、船長・クルー派遣、操船講習に至るまで、オーナー様のマリンライフをサポートするメニューをご用意しております。

基本プラン

月1回の機関機器点検と船体保守のスタンダードな保守管理プランです。基本プランならご愛艇の保守管理を税込 33,000円/月〜ご依頼可能です。

【サポート内容】
・月1回の機関機器点検
・船体保守

セレクトプラン

基本プランにご希望のオプションを追加して、オーナー様のニーズに合わせた管理プランです。6つのオプションをご用意していますので、オーナー様の様々なお悩みやご希望にそった、オリジナルのプランの作成が可能です。

【サポート内容】
・月1回の機関機器点検
・船体保守 +ご希望のオプションをお選びください
 ▶︎船体洗剤洗浄
 ▶︎負荷運転点検(洋上試運転点検)
 ▶︎船体メンテナンス
 ▶︎船内清掃
 ▶︎運航スタッフ派遣
 ▶︎操船講習

フルサポートプラン

機関機器点検・負荷運転点検・船体洗剤洗浄・船内清掃・船体メンテナンスと総合的にご愛艇を保守管理させていただく、フルサポートなプランです。専門知識も必要ありません。レグルスマリンに全ておまかせください。

【サポート内容】
・月1回の機関機器点検
・船体保守
・船体洗剤洗浄
・負荷運転点検(洋上試運転点検)
・船体メンテナンス
・船内清掃
・運航スタッフ派遣※
※船長またはクルー派遣付きプランをご契約の場合

まとめ

今回は、クルーザーの年間維持費とその内訳についてご説明しました。クルーザーの年間維持費は、船体の大きさや保管場所、保管方法によっても異なってきます。

また、クルーザーの年間維持費には、保管費・燃料費・保険料・メンテナンス費などさまざまな項目があります。どの項目も欠かせない費用になりますが、とくに定期的なメンテナンスは充実したボートライフを送るために重要になります。

メンテナンスは専門的スキルと知識が必要ですので、ご自身で行うにはハードルが高く、かなりの労力と多くの時間がかかってしまいます。年間維持費がどのくらいかかるのか考える際には、専門業者に依頼することも1つの方法として検討するのがよいでしょう。

Share:

Facebook
Twitter

こちらの記事もおすすめ

お問い合わせ

クルーザーの管理・メンテナンスでお悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

さらに詳しく知りたい方へ

メンテナンスサービスの気になるポイントを詳しく解説します