プライベートにクルーザーのある生活を〜具体的な楽しみ方を紹介!〜

「クルーザーはプライベートでどのように活用したらいいのだろうか?」

プライベートクルーザーの購入を考えているものの、購入後の具体的な利用方法のイメージが湧かずに困っている人は多いのではないでしょうか。

クルーザーは、広々とした船内スペースを別荘代わりに使用したり、船上で家族や仲間とパーティーを開催したり、マリンスポーツを楽しんだりとプライベートでさまざまな活用が可能です。

今回の記事では、クルーザーをプライベートで最大限に活用する楽しみ方を詳しく紹介していきます。この記事を最後まで読めば、購入したあともプライベートでクルーザーを持て余す心配がなくなり、充実したクルーザーライフを満喫できるでしょう。

クルーザーを手に入れることで海上ならではの非日常体験ができる

クルーザーはひと度海の上に出ると騒音などに邪魔されず、家族や恋人、友人などの自分にとって本当に大切な人たちと優雅な時間を過ごすことができる、プライベート空間へと変化します。

デッキで潮風を感じながら開放感と海の雄大さを味わうこともできますし、船内のスイートルームで読書やネットサーフィンなどのインドアな趣味に没頭することもできます。

また、船上で花火を眺めたり、ダイビングやフィッシングを楽しむことも可能です。 クルーザーのその快適さと活用手段の多様性はまさに「海上の別荘」と形容しても過言ではないでしょう。

クルーザーのプライベートでの具体的活用方法

ここからはクルーザーのプライベートでの具体的な活用方法について紹介していきます。インドアにもアウトドアにも臨機応変に活用できるので、自分の趣向に合った活用方法がきっと見つかるでしょう。

クルージング

プライベートクルーザーでのクルージング

クルーザーのプライベートでの活用方法で一番最初に思いつくのはクルージングではないでしょうか。

クルーザー仲間が集う活気あるマリーナから澄み切った青い海に出た瞬間に「クルーザーを手にして良かった」と心から思えるはずです。心地よい潮風を感じながら臨場感のある速さで航行していく快感はクセになるでしょう。

また、クルーザーのクルージングは船の大きさによって搭載できる燃料の量が変わってくるため、楽しみ方が変わってきます。20フィート台の小型クルーザーであればマリーナの近場でのクルージングができますし、40フィート台の大型クルーザーであれば沖合に出て楽しむことも可能です。

アイランドホッピングと呼ばれる島から島へと向かう短い船旅をつなぎ合わせて大洋を横断するというような大掛かりなことができるのもクルーザーのロマンの一つです。

海上ならではの景色を楽しむ

プライベートクルーザーから見た海上の景色

クルーザーから眺める海は多種多様な表情を見せてくれます。とくに四季がはっきりしている日本では季節ごとに見え方が異なってきます。

たとえば、夏には近くの陸で花火大会が開催されていれば、人混みとは無縁のストレスフリーな環境で存分に花火を眺めることもできますし、冬であれば空気が澄んでおり、日照時間も短いため、どの季節よりも夜景をより綺麗に見ることができます。

また、晴れた昼空の下で眺める海も夜の海とは一味違い、大自然の力強さを肌で感じながら心身ともにリフレッシュできるでしょう。

全力でマリンライフに没頭する

プライベートクルーザーでダイビングを楽しむ

クルーザーを手に入れることで、開放的な気分でマリンライフを楽しめます。たとえば、夏であれば船上から海に飛び込むダイビングを体験することが可能です。広々としたデッキから青く雄大な海にダイビングすれば、日頃のストレスは一瞬で消え去ってしまうでしょう。

また、恋人や仲間と一緒にダイビングをすることで同じ体験を共有できて、より絆も深まってかけがえのない一生物の思い出ができます。

高級ホテルのスイートルームさながらの空間で優雅な時間を過ごす

プライベートクルーザー内のベットルーム

クルーザーの活用方法はアウトドアだけではありません。インドアも十分に楽しめます。とくにサロンタイプの大型クルーザーであれば、内装も細部までこだわることが可能です。

クルーザーのモデルによっては、船内に日差しを調整できる高級感漂うカーテンやゆったりくつろげるソファが置いてある場合もあります。静かな空間で読書やネットサーフィンなどを誰にも邪魔されずに集中して行えるでしょう。

また、高級ホテルのスイートルームさながらの普段とは異なるプライベートな空間のもと、備え付けの大きなベットで恋人と甘い一時を過ごすこともできるでしょう。

この他にも、船内にカラオケをつけて、海の上で周囲への音漏れをまったく気にすることなく思いっきり歌ったり、シャワーやウォシュレットまで完備されたクルーザーであれば、いつでも体を洗ってリフレッシュできたり、と快適で優雅なひと時を過ごすことができます。

船上で家族や仲間とのんびり談笑したりパーティーを楽しむ

プライベートクルーザーで船上パーティー

大型のサロンクルーザーであれば船内にキッチンが備え付けられている場合が多いため、お肉や野菜を調理して即席で料理を作れます。そして、デッキで心地よい潮風を浴びながら家族や友人と気兼ねなく話をしながら食事を楽しめるでしょう。

水平線や夕日、夜景を眺めながら自分にとって本当に大切な人たちと船上パーティーを催せられれば、これほど幸福感に包まれることは人生においてめったにないのではないでしょうか。

フィッシングを極める

プライベートクルーザーを使って船上フィッシング

クルーザーに乗りながらフィッシングをすることも利用方法の1つです。タイやヒラメなどの比較的サイズの小さな魚を狙ったフィッシングであれば、ちょっとしたクルージングのついでに行えるので小型タイプのクルーザーでも充分に楽しめます。

カジキやカツオ、マグロなどの大型の魚を狙った本格的なフィッシングをしたい上級者は、フィッシングに特化したクルーザーを使用するのがおすすめです。

フィッシングクルーザーに関しては「クルーザーで本格的な釣り・フィッシングを楽しもう!他の釣りとの違いも合わせて解説!」の記事に詳細をまとめていますので、ぜひご覧ください。

長期の船旅に出る

プライベートクルーザーで長距離の旅

長い期間のクルージングに適したロングレンジタイプのクルーザーであれば、まとまった休暇を取って船旅に出ることも可能です。ロングレンジタイプのクルーザーは、一般的なクルーザーよりエンジンが効率良く回転する仕組みになっているので、スピートを抑えてゆったりと省エネで長く航行ができるのです。

そのため、日本全国の海や島を回ってみたり、思いっきり遠洋に出てみたりといった具合に自分の気の向くままの船旅を楽しむことができるでしょう。 長い船旅を終えたあとには、マリーナ近辺のクルージングでは得られない高揚感と達成感を味わえるはずです。

また、内装にこだわり尽くした秘密基地さながらの海上の動く別荘とともに行う船旅は、クルーザー以外の船で行う船旅とは格段に違う良いものになるでしょう。

プライベートでクルーザーを満喫するためにもメンテナンスは不可欠

プランイメージ

プライベートのクルーザーで思う存分に楽しむためにも定期的なメンテナンスは欠かせませんが、全てのメンテナンスを一人で行うのはかなりの時間と労力が必要です。「メンテナンスを行う時間がない・・・」といったお悩みをお持ちのオーナー様は、ぜひクルーザーの保守メンテナンスを専門としているレグルスマリンまでご相談ください!

レグルスマリンでは「基本プラン」・「セレクトプラン」・「フルサポートプラン」の3つのプランから、オーナー様のご希望に沿ったプランをご提案いたします。

卓越した技術のスタッフによるきめ細やかな点検・修理・メンテナンスから船体保守、船長・クルー派遣、操船講習に至るまで、オーナー様のマリンライフをサポートするメニューをご用意しております。

基本プラン

月1回の機関機器点検と船体保守のスタンダードな保守管理プランです。基本プランならご愛艇の保守管理を税込 33,000円/月〜ご依頼可能です。

【サポート内容】
・月1回の機関機器点検
・船体保守

セレクトプラン

基本プランにご希望のオプションを追加して、オーナー様のニーズに合わせた管理プランです。6つのオプションをご用意していますので、オーナー様の様々なお悩みやご希望にそった、オリジナルのプランの作成が可能です。

【サポート内容】
・月1回の機関機器点検
・船体保守 +ご希望のオプションをお選びください
 ▶︎船体洗剤洗浄
 ▶︎負荷運転点検(洋上試運転点検)
 ▶︎船体メンテナンス
 ▶︎船内清掃
 ▶︎運航スタッフ派遣
 ▶︎操船講習

フルサポートプラン

機関機器点検・負荷運転点検・船体洗剤洗浄・船内清掃・船体メンテナンスと総合的にご愛艇を保守管理させていただく、フルサポートなプランです。専門知識も必要ありません。レグルスマリンに全ておまかせください。

【サポート内容】
・月1回の機関機器点検
・船体保守
・船体洗剤洗浄
・負荷運転点検(洋上試運転点検)
・船体メンテナンス
・船内清掃
・運航スタッフ派遣
船長またはクルー派遣付きプランをご契約の場合

まとめ

今回は、プライベートでのさまざまなクルーザーの活用方法をご紹介しました。

クルーザーは、クルージングはもちろんのこと、フィッシングをしたり、船上で華やかなパーティーを開催したり、きれいな内装の船内で自由気ままにくつろいだり、変容する海や夜景などの景色を眺めたり、長い期間の船旅に出たりと想像以上に多くの活用方法があることがご理解いただけかと思います。

アウトドア派でもインドア派でも申し分なく堪能できる、「海上の動く別荘」と呼ばれるクルーザーでのマリンライフを、ぜひあなたの人生のプライベートの時間の一部に取り入れてみてください。

Share:

Facebook
Twitter

こちらの記事もおすすめ

お問い合わせ

クルーザーの管理・メンテナンスでお悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

さらに詳しく知りたい方へ

メンテナンスサービスの気になるポイントを詳しく解説します